ブログ
ブログ
㓛農支援会 > ブログ

新しいメンバーが加わりました!

少し前のブログで紹介しました、11月中旬に農業の体験研修に来ていたHさんが、
12月1日より、㓛農支援会の基礎研修コースの研修生になりました!

 

Hさんは、以前は企業に勤めていましたが、
作った作物で子供たちが喜ぶ顔を見てみたいと農業に興味を持ち、脱サラを決意。
就農希望者を受け入れている施設や農業法人などと比較した中で、㓛農支援会の「トマトの養液栽培、土耕栽培の両方が学べること」に魅力を感じてもらい、応募いただきました。

 

まずは、「基礎研修コース」で農業に関する基礎的な栽培技術・知識を学び、
その後は独立に向けて農業経営を学ぶ「経営者育成コース」に進んでいく予定です。

 

㓛農支援会は研修施設です。
本格的に就農するには、いろいろと不安があるかと思います。一つ一つ実体験を経て、学んでいって欲しいと思います。まずは、飛び込んでみることも大切です。

 

Hさんの今の目標は、出荷できるトマトを作ること。
その実現に向けて、我々スタッフが、しっかりと指導してまいります!
これから、どうぞよろしくお願いいたします。

 

一つ一つ丁寧に指導しています

一つ一つ丁寧に指導しています

※研修生を募集しております!
・本格的に農業経営を行いたい方
・新規就農希望の方
・農業への参入、農業法人へ就職を考えている方
実際の作業から理論、さらに販売関係まで総合的な研修が可能です。
農業研修事業についてはこちら
お問い合わせ/資料請求はこちら

世界から新規就農者向け研修プログラムを視察

母国で中小企業の企業活動を支援する立場にいる研修員14ヶ国15名が、11月29日、㓛農支援会の視察に訪れました。

 

彼らは、日本の中小企業のBDS(中小企業及び零細企業の市場への参入・成長・生き残り、生産性・競争力の向上を促す各種支援サービス)の仕組みや提供する際の工夫や姿勢について学び、自らの職務を実施するうえでの示唆を得るために、JICAが主催する「産業振興のためのビジネス開発サービス強化コース」に参加し、一か月日本に滞在しています。

 

今回、その一環として㓛農支援会の新規就農者を育成する研修プログラムを学び、自国での適用可能性を探るために視察に訪れました。

 

実際に栽培をしているパプリカ、トマトのハウス内を訪れ、ハウスの設備や栽培方法、研修内容について紹介。質疑応答では、財団発足の経緯や、パプリカ・トマトの収穫量、研修対象者の年齢、インターンシップの受け入れがあるかなど、多くの質問が寄せれ、終始熱心に学んでいました。

 

最後に、収穫したパプリカをお土産に配布。早速、生のままパプリカを食べる研修員もいて、おいしいと笑顔がこぼれました。

KIMG0173IMG_6070

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※研修生を募集しております!

・本格的に農業経営を行いたい方

・新規就農希望の方

・農業への参入、農業法人へ就職を考えている方

実際の作業から理論、さらに販売関係まで総合的な研修が可能です。

農業研修事業についてはこちら

お問い合わせ/資料請求はこちら

 

研修生の修了式が行われました

11月29日、㓛農支援会で研修生として1年半、農業や経営方法を学んできたNさんの修了式が行われました。

 

Nさんは、農業大学校卒業後、企業で働いていましたが、勤めていた企業が新たに農業参入をすることになり、企業を代表して、2015年6月より、トマトの栽培方法や経営に関する知識を学ぶために、経営者育成研修コースで日々学んできました。

 

㓛農支援会研修コースについてはこちら

 

研修を終えて、

農業大学で勉強していたが、実際に実践してみると学校とは違っていた。

指導頂きながら一年を通して一人でハウスを管理する貴重な経験ができて嬉しかった。

これから実際の生産現場の運営に携わるというプレッシャーはあるが、ここで学んだ経験を活かし、自分自身で挑戦できることは楽しみ。

などと感想を頂きました。

 

「現場の運営がしっかり回せるように管理体制を整えながら、学んだ知識を後輩に伝え育てていきたい!」とこれからの挑戦に目を輝かせるNさん。

これからの活躍、応援しています!

 

お問い合わせ/資料請求はこちら

 

tomato B

Nさんが管理していたB棟のトマト

DSCN0566

 

 

 

 

高まる!農業への関心

11月22日に、農林水産省、全国農業委員会ネットワーク機構が主催する「農業参入フェア2016名古屋会場」に出展しました。

 

フェアでは、秋田県農業試験場の基調講演や農業に参入した企業の事例紹介が行われ、会場には150名の来場者がつめかけるなど、農業への関心の高さがうかがえました。

 

㓛農支援会は、説明・相談コーナーの中で、唯一の研修機関として出展。多くの企業担当者の方が農業研修に興味を持っていただき、ブースに立ち寄ってくれた方の中には、

これから農業を始めようと思っているんだけど…。

トマト農園を運営しているが人材教育や夏の収穫量が課題で…。など、様々な相談が寄せられました。

 

㓛農支援会は、独立して農業を始めたい方を対象にした農業の担い手を育成するための研修機関ですが、企業の農業研修の受け入れも行っています。

長期で人材派遣をするのは難しいという場合も、短期間での研修や不足している部分をピンポイントで学べるなど、要望に合わせてフレキシブルに対応可能です。

 

ブースでは、過去の企業参入の農業研修実績の事例を交えながら、研修では基礎からしっかり農業のノウハウを学べること。農業は座学だけではなく労務や経営手法も必要で、経営力も育成できることなど、農業研修の魅力をしっかりPRしてまいりました。

IMG_6017IMG_6035

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尚、パンフレットや話だけでは伝わらない実際の雰囲気を見てもらうために、随時「農場の見学会」を受け付けています!

ご興味のある方は、下記までお問い合わせください。

 

※研修生を募集しております!

・本格的に農業経営を行いたい方

・新規就農希望の方

・農業への参入、農業法人へ就職を考えている方

実際の作業から理論、さらに販売関係まで総合的な研修が可能です。

農業研修事業についてはこちら

お問い合わせ/資料請求はこちら

 

 

百聞は一見にしかず!まずは農業体験をしてみよう!

農業を始めたくても、いきなり独立や転職となるとハードルが高いですよね。

㓛農支援会では、研修コースに応募する前に実際の農業が体験できる、

体験研修を受けることができます!

 

11月14日から18日まで1名の方が農業体験研修を受けています。

研修生は、スタッフの指導を受けながら、大玉トマトやパプリカの収穫、選果、芽かきの体験や、

農業の基本的な知識を学ぶ勉強会にも参加しました。

 

研修を通して、

「色々な栽培方法を体験できるので、自分にあった栽培方法がわかる貴重な体験。」

「栽培しているトマトがミントのような匂いがするなんて、知らなかった。」

など、色々なことを感じていただけたようです。

今回の体験が、今後の進路の参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

写真は、2つの栽培方法(養液栽培、土耕栽培)と収穫体験の様子です。
saibai 2syasinn2kennsyusei hayasisann3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS.前回のブログで紹介したA棟の赤色のパプリカも、すっかり色づきました!
akapapurika

 

 

※研修生を募集しております!

・本格的に農業経営を行いたい方

・新規就農希望の方

・農業への参入、農業法人へ就職を考えている方

実際の作業から理論、さらに販売関係まで総合的な研修が可能です。

農業研修事業についてはこちら

お問い合わせ/資料請求はこちら

 

農業参入フェア2016(名古屋会場)に出展します!

11月22日(火)13時~16時半にナディアパークで開催される、農業参入フェア2016に出展します!
これは、農業参入を考えている企業に、先進事例の紹介や、参入したい企業と企業を誘致したい地域の具体的なマッチングをつなげる場を提供しているフェアです。

農業経験ゼロからでも栽培技術力、農業運営力が身につく、農業の担い手を育成する研修機関としての当財団の魅力をPRしてまいります!

ご興味のある方は、主催団体までお問合せください。

fair_chirashi2016

パプリカの収穫が始まりました!

今日からぐっと寒くなりましたね。
ハウスでは太陽の光をたっぷり浴びたトマト、昨日からはパプリカの収穫が始まりましたので、その様子を紹介します!

今年初挑戦のA棟のパプリカの収穫(9月3日定植)が昨日から始まりました。
お客様の元に届く2、3日後を想定して、9割程度の色づきで収穫しています。
赤色のパプリカも徐々に色がついてきているので、これからが楽しみです。

尚、A棟では、同じく初挑戦のカラーピーマン(9月16日定植)も育てています。大きくすぎたり、縦長になったりする子もいて苦戦しています。これからひと月かけて、色づいていきます。

続いては、B棟、C棟のトマトです。
B棟は養液栽培のトマト(8月初旬定植)で、誘引をしてこれから一年間、収穫していきます。
C棟は土耕にてトマト(9月20日定植)を栽培しています。
糖度が高そうなので、計ってみようかな。

AakapapurikaAkiiropapurika

ブログ投稿始めました

功農支援会 細川と申します。

この度ブログの投稿を開始させていただきました!

ここでは研修センターでの栽培風景や取り組みについて少しずつご紹介していければなと思っております。
研修センターではA.B.Cの3つの栽培棟があり、栽培面積は同じですが、ハウスの仕様や栽培方法、設備などが各棟で異なります。
※各棟の詳細につきましては、またの機会にご紹介できればと思っております・・・。

 

H28年8月~新しい栽培がスタートします!

今作は、A棟:パプリカ、B・C棟:大玉トマトの栽培を行います。

本日(8/9)、B棟の定植を行いました。3つ棟の中で1番最初の定植です。
IMG_0543
IMG_0544

今作のB棟は、研修生が栽培・経営の管理を行っていきます。
順調に栽培が行える様にフォローしながら、しっかりと見守っていきたいと思います。

 

※研修生を募集しております!!
・本格的に農業経営を行いたい
・新規就農希望の方
・農業への参入、農業法人へ就職を考えている方

実際の作業から理論さらに販売関係まで総合的な研修が可能です!
農業研修事業についてはこちら
お問い合わせ/資料請求はこちら

7 / 7« 先頭...34567

カレンダー

2019年12月
« 11月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 
    ページトップへ