ブログ
ブログ
㓛農支援会 > ブログ > トマト栽培の様子を紹介します

ブログ

トマト栽培の様子を紹介します

毎日寒い日が続いていますが、

ハウスでは、元気にトマトやパプリカが育ち、日々、収穫を待っています。

しかし毎日収穫しているのではなく、研修農場では、

月、水、金曜日は収穫の日。

火、木曜日は整備の日として、ハウス内を管理しています。

 

ハウス内の整備の一つとして、大事な仕事の一つが「誘引」です。

誘引とは、植物の茎や枝、つるを支柱に結びつけて固定する作業です。

誘引方法はいろいろな種類がありますが、ここでは、ななめ誘引による仕立て方を採用しています。

 

トマトは、もともとは地面をはったり、少し高いものにのぼるように生長する植物です。

成長にしたがい、つるはどんどん伸びていきます。

誘引をすることで、つるを伸ばしたい方向へと導き、植物の形を整えることができます。

また、株への負担を減らして、実の重さで倒れないようにして、収穫もしやすくなるのです。

長期にわたって栽培収穫するハウス栽培では、

トマトの生長に合わせて何度も誘導することが大切になります。

誘引前のハウス内、つるが飛び出てきていますね 

誘引前のハウス内、つるが飛び出てきていますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誘引すると

誘引すると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインもすっきり!美しくなりました

ラインもすっきり!美しくなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※研修生を募集しております!

・本格的に農業経営を行いたい方

・新規就農希望の方

・農業への参入、農業法人へ就職を考えている方

実際の作業から理論、さらに販売関係まで総合的な研修が可能です。

農業研修事業についてはこちら

お問い合わせ/資料請求はこちら

カレンダー

2019年11月
« 9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
    ページトップへ